海外FX歴12年の筆者がおすすめのFX会社や口座開設方法・メリットデメリットについて徹底分析!

兼業トレーダーHの裁量トレードブログ 逆張り

こんにちは✨😃兼業トレーダーHです!皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

かれこれ、私が兼業トレーダーHの裁量トレードブログを書き始めてから1ヶ月半ほど経ちました。これまで読んでいただいた皆様には感謝しています。本当にありがとうございます!これからも、 今まで以上に読んでくださる皆様のお役に立てるようなトレード方法や考え方などを発信していけたらいいなと思っておりますので、 引き続き私のブログをよろしくお願いします!

さて、これまで私のブログをずっと読んでいただいた方ならわかると思うのですが、主に順張りのデイトレードの手法をメインにブログで書いてきました。(最初から全部読んでくださっている方は果たしているのだろうか?笑) まあ、それはさておき、私のブログを初めから読んでいただいてる方は、1時足で環境認識を行い、実際には売り買いのどちらに優位性かがあるかをまず確認して、次に15分足を見て、1時間足で決めたら方向にエントリーするタイミングを決めてトレードするという方法でした。このようなトレードで1日10~15pipsほどの利益を取ることを心がけています。

ただし、これらのエントリーを行うにあたり、強いトレンドが発生している時は良いのですが、レンジが続く状況などの時には、なかなかこのロジックでトレードし続けることが難しい状況となります。中には、毎日トレードして、毎日少しでも利益を上げたいと考えている方もいるかと思いますので、そのようなかたにとっては、トレンドが出るまでひたすら待たなければいけないというのは辛い状況になってしまうこともあるでしょう。そこで、今回は私が普段から使っているトレンドフォローのロジック以外にも、逆張りででエントリーする方法があるので、こちらを実際のチャートに合わせて解説していきたいと思います。

これから解説します逆張りのエントリーは、8月13日の実際のトレードです。基本的には、トレンドフォローと同じ考え方になり、強いトレンド方向に逆らわずに流れにのってエントリーすることになります。下記の画像をみてください。ローソク足は雲の下にはありますが、短期10EMA、中期25EMAの上に位置しています。通常のトレンドフォローロジックの雲、移動平均線、ローソク足の順番は崩れているので、エントリーは見送りになりそうな相場ですが、全体的な流れをみてみると、ローソク足や75EMA、200EMAも緩やかに右肩下がりになっています。なおかつ、水色のラインが記載されている場所で、何度か跳ね返されているので、このラインが抵抗に可能性があるということを考えることができます。この1時間足での環境認識により、15分足で売りエントリーを狙っていきました。

今回は、黄色矢印でエントリーして、×印で決済しています。売りエントリーで上記のタイミングを狙った根拠ですが、まず200EMAにタッチしたあと、高値を更新したあとにもどされて、結局、ひげをつけて陰線のピンバーで足が確定したため、次の足でエントリーしました。纏めますと、

・1時間足では、徐々にローソク足が高値を切り下げており、長期75EMAと200EMAが右肩さがりになっている

・15分足では、200EMAにタッチ+陰線のピンバーで足が確定

15分足の200EMAにタッチした場合、最初は反発する可能性が高いので、この要素については頭にいれておたほうが良いと思います。ただ、200EMAタッチEMAだけではエントリー根拠としては弱いので、その他にネックライン反発やローソク足のプライスアクションを合わせてエントリーすることをお勧めします。

それでは、今回はこの辺でおわりにしようと思います。また、逆張りの事例があれば、その都度ブログに書いていきますね~。それではまた!!

最新情報をチェックしよう!
>XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

海外FX人気No.1のXMで口座開設して無条件でボーナス3000円をゲットしよう!入力は約2分程度で終わります。海外FX初心者ならまずXMで口座開設しましょう!当サイトから口座開設した方には9800円で販売中のサインツールを無料プレゼント中!