海外FX歴12年の筆者がおすすめのFX会社や口座開設方法・メリットデメリットについて徹底分析!

兼業トレーダーHの裁量トレードブログ 8月9日 ポンド円

こんにちは!兼業トレーダー Hです!本日もよろしくお願いします。

それでは、本日は8月9日のポンド円の取引について解説していきたいと思います。

今回のトレードは、同じ日にドル円のトレードも行なっていたのですが、そのトレードとは対照的に、うまく下落の波に乗ることができ、特に問題もなく勝つことが出来たトレードになります。ポンド円は、スプレッドが他の通貨と比べて少々ひろいのですが、そのぶんボラティリティがあり、レートが動く時は一気に数十pipsも簡単に動くことがあるので、あまりスプレッドが気にならない人は、ポンド円で一気に抜き取るトレードも良いかもしれません。

それではいつものように1時間足の環境認識から始めていきたいと思います。

1時間足の環境認識

1時間足の環境認識をしていきたいと思います。画像を確認していただいても分かるように、上から雲→移動平均線→ローソク足の順番に並んでいるので、 この場合は売り方向へのエントリーだということがわかります。また、移動平均線も200 EMA を含めてパーフェクトオーダーを築いているので、自信を持ってエントリーできる相場になると思います。次にボリンジャーバンドですが 、こちらも勢いよくエクスパンションを起こしているので、下落の勢いが強いことが分かります。続いて、 MACDも下向きに勢いよく広がっているのがわかります。以上の条件が揃っているので、こういう相場では、15分足でしっかりとエントリーポイントを見極めて勝負していきたいところですね。それでは続いて、15分足のエントリーポイントを確認していきましょう。

15分足のエントリーポイント

 

15分足の環境認識をしていきましょう。上から雲→移動平均線→ローソク足の順に並んでおり、移動平均線も200EMAを含めパーフェクトを築いています。 また、ボリンジャーバンドもエクスパンションを起こしていますが、 MACDは若干平行になりつつあります。画像をご覧いただいても分かるように、レンジブレイクからのトレンドが発生してから、やや時間が経過している状態になっています。そのため、勢いが少し弱まっているように感じられましたが、押し目をつけて、その後、画像の中の黄色いトレンドラインを割って来たのでエントリーしました。1時間足の環境認識では下落の勢いが強いと判断したので、押し目をつけた後の黄色いトレンドラインを割ったあとに、さらに下落するものであると判断しエントリーしています。

裁量判断について

今回のトレードでは、1時間足の環境認識で勢いが強いと判断したので、15分足ではレンジブレイクからかなり下落が進んでいた状況でしたが、一旦押し目をつけて、そのトレンドラインをブレイクして、再度下落すると判断しエントリーしています。もし、慎重にエントリーしていきたいのであれば、環境認識に問題がなければ、レンジブレイクあとにすぐエントリーするのが一番安全です。しかし、すぐエントリーできず、 今回のように下落が進んでいる状態になった場合、一旦押し目をつけるのを待つか、レンジになった後に、再度ネックラインをブレイクするまでエントリーを待った方が安全です。また、その際は、トレンド初動でのレンジブレイクしてすぐエントリーする時よりも、ロッドを抑えてエントリーしたほうが安全だと思います。なぜかと言うと、快楽がある程度進んでいる状態で、ローソク足の値が移動平均線からかなり乖離している状態になると、一旦、ローソク足が、移動平均線の方に戻ることが多いからです。以上の内容を参考にして、これからトレードしていただければ幸いです。

それでは本日は以上となります。また次回も楽しみにしてくださいね!!

 

 

最新情報をチェックしよう!
>XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

海外FX人気No.1のXMで口座開設して無条件でボーナス3000円をゲットしよう!入力は約2分程度で終わります。海外FX初心者ならまずXMで口座開設しましょう!当サイトから口座開設した方には9800円で販売中のサインツールを無料プレゼント中!