海外FX歴12年の筆者がおすすめのFX会社や口座開設方法・メリットデメリットについて徹底分析!

兼業トレーダーHの裁量トレード日記 第4話

こんにちは。兼業トレーダーHです!今日もよろしくお願いします。

何故、チャートをチェックするのか

前回は、私がデイトレードで使っていたチャート設定について解説しました。
では、具体的にどのようにして、このチャート設定をもとにエントリーしていくのかについて今日はお話したいと思います。
その前に、チャートを見たときに何を判断しなければいけないのかについて考えていきましょう。
そもそも、何故トレードの前にチャートを見なければいけないのかというと、現在の価格から今後どのように
値が動いていくのかというシナリオを描く必要があるからです。
これは、将来の価格を予想するということとは少し違います。
例えば、上がるか下がるかはわからないが、このような形になったら買いで攻めていこうというようなイメージができることが大切だということです。
例をあげてみます。まず、下の図をみてください。現在値が黒い丸の部分だとします。

 

 

この点では、今後値段が上がるのか下がるのか分からない状態なので、ここからこのような形になったらエントリーしてみようというようなシナリオがたてることができるかということです。
私であれば、ここから下記のように赤線の値動きになったら、赤矢印で売りでエントリーしようと考えます。

このようにシナリオを考えれるようになるには、、自分の型をもつ必要があります。
型というのは、ここでは取引手法やロジックといえば分かりやすいと思います。その手法やロジックを複数持つことで、今後チャートがこのような形になったらエントリーしようという感じです。イメージとしては、パズル(ロジックやパターン)を型(チャート)に当てはめるといったイメージです。
FXを始めたばかりのときは、すぐにエントリーしたくなる人が多いかもしれませんが、FXでは、この型ができるまでエントリーしないというように、自分の得意なパターンがくるまでひたすら待つことが非常に重要です。
以上のことが、これからトレードをしてくにあたって非常に重要になる部分なので、覚えておいてくださいね。

トレンドの判断について

前回の記事で解説したロジックは、主にトレンドに乗って利益を取りに行くロジックになるので、
チャートを見たときにトレンドが出ているかどうかの判断が重要になってきます。

では、実際に前回設定したチャートでどのようにトレンドを判断し、エントリー判断をすればよいかを解説していきます。
まず、基本となるのは、ローソク足、移動平均線、一目均衡表の雲の位置関係にになります。
具体的には、下記のようになります。

買エントリーの場合は、画面の下から①雲 ②移動平均線 ③ローソク足の順番になります。

売りエントリーの場合は、画面の上から①雲 ②移動平均線 ③ローソク足の順になります。

厳密には、雲と移動平均線が重なることが多いですが、この順番に並んだ時にうまくトレンドにのってエントリーすることができます。
また、この順番を一つの目印にすることで、トレンドが出るまで待つことができ、無駄なエントリーが減るでしょう。

なお、読者の方の中には、逆張りの手法はないのかと思う人もいるかもしれませんが、逆張りの手法も用意してあります。ただ、私は逆張りをするとしても、大きな相場の流れでに逆行するような逆張りはしません。やはり、逆張りをする場合でも、トレンド方向の中の押し目を狙うような逆張りでエントリーするように心がけています。今後、記事を書いていくなかで、逆張りについても解説していく予定ですので、楽しみにお待ちくださいね(^^)。

今回はチャート設定にもとづいたトレンド判断について解説しました。
次回は、いよいよエントリータイミングについて解説したいと思いますので、よろしくお願いします!!
では、また!!

最新情報をチェックしよう!
>XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

海外FX人気No.1のXMで口座開設して無条件でボーナス3000円をゲットしよう!入力は約2分程度で終わります。海外FX初心者ならまずXMで口座開設しましょう!当サイトから口座開設した方には9800円で販売中のサインツールを無料プレゼント中!